避難せよ!!

大久保ですsnow

突然ですが、私達の住んでいる日本が地震国だというのは有名な話です。

全世界で起きているマグニチュード5.0の地震10%、マグニチュード6.0以上の地震()20%が日本周辺で発生しているというデーターがある程sweat01

記憶に新しい東日本大震災でも、多くの犠牲者が出ました。

地球の表面近くには、「プレート」という厚さ数10kmから100kmの板のようなかたまりが14~15程存在すると言われ、それは地球内部に対流しているマントルという物質の影響をうけ1年間に数cmという速さで移動しているそうで・・・

プレートとプレートがぶつかることで地震は発生しますbomb

日本の下にはなんとそのプレートが4つも存在しているのですshock

地震発生率の高さはそこから来ているのですね。

この先関東や関西で大きな地震が起こると予想されているそうですが、皆さんはもしもの時の為に非難する準備などされていますか??

私の家は、もうバッチリです(笑)

あっけらかんとしている私に代わり、危機管理能力の非常に高い主人がしっかりと準備していますdash

独身の頃から自分用の非難リュックは準備済み。どうやら最近私用の非難リュックも準備されたようですflair中に入れている食品類の賞味期限が切れていないか定期的にチェックしたりして、ほんとにマメだなーと感心しますcoldsweats01

さらに、ライフラインが遮断され飲み水に困った時の為に2ℓのミネラルウォーターを12本備蓄していますsign03sign03

はっきり言ってかなりがさばり、貴重なキッチンの収納スペースを占領する始末。

以前抗議をした時には大地震の恐ろしさを切々と語られました。

阪神・淡路大震災を経験している主人の話は妙に説得力があり、今では2ℓのミネラルウォーター12本ともうまくやっていますbanana

下着屋さんから聞いた話なのですが、3・11の後パジャマの売上がうなぎのぼりだったそうですupup夜中に非難だぁぁぁぁrundangerとなった時、中学生時代のジャージなど来て逃げるのは恥ずかしいですもんね。

私の友人は同じような理由で下着にも気を使うようになったと言っていました。

命がかかっている時にそんなところまで気にする人が居るのかと多少疑問ですが、備えあれば憂いなしjapaneseteaみなさんもジャージは卒業してパジャマに着替えましょう。

就寝時ジャージではなく柔らかいパジャマに着替えるだけで脳は安らぎ、眠りも深くなるという研究結果も出ているそうですよsleepy

 

ちろん、私達だけではなくペット達も一緒に非難する用意が必要ですよねdogcat

そこで今日ご紹介するのが大型犬専用の防災グッズshine特許 防災マントshineですsign03sign03

小型犬のわんちゃんやネコちゃんだったらキャリーに入れれば私達の手で守りながら非難できますが、大型犬だとそうはいかないですよねsweat01

そこで開発されたのがこの防災マントなのですcute

ibprm_04142_moi_sd2[1].jpg全身を毛で覆われた犬は火が燃え移りやすいため、愛犬の頭と体を最大限に守るよう作られたこのマントは、迅速に動かなければばならない災害時を想定して、手肢を上げずに頭からかぶせて胴をマジックテープで留め、帽子を固定するだけで簡単装着できる設計になっていますgood

また、火の粉から愛犬を守るため、公益財団法人日本防炎協会認定の難燃生地を使用し、さらに頭部と背中には厚さ約15mmのクッション性のある難燃フェルト(衝撃緩和クッション)を配置goodgood

ibprm_mnb[1].jpg落下物などから愛犬の大切な頭部・背中を防御することもできるんですgoodgoodgood

高機能なだけあって即決で購入に踏み切れるお値段ではありませんが・・・確かにもしもの時の為にこのような避難グッズが必要ですよねdashこのようなグッズに加えて、日ごろからのトレーニングも重要になってきます。

キャリーケースに慣れさせたり、お散歩の時に必要以上にリードを引っ張らないようにしつけたり・・・

でも、でもでも・・・

 

地震なんて起こらないのが一番イイcrying!!!!!

 

どうかどうかお願いします!!!

わたし、大事な大事な自転車を2台かついで逃げるのは無理なんです 涙

どなたか自転車の安全な避難の仕方、教えてくださいsweat02