てんかんについて

こんにちは、獣医師の横田ですhappy01

今回はてんかんについてお話しさせて頂きます。

てんかんは大脳から強い電気信号thunderが出されるために、けいれんなどの発作症状を繰り返す疾患です。ワンちゃんの神経疾患の中ではもっとも頻度が高いです。

てんかんの原因には、脳の病気に伴っててんかん発作が2次的に生じる「症候性てんかん」と、脳に何ら病気は見つからないがてんかん発作を繰り返す「特発性てんかん」とがあります。

特発性てんかんは1~5歳で発症することが多いです。

通常のてんかん発作は、発作そのものの持続時間は短い(多くて数分程度)です。しかし、発作が持続し、反復する状態をてんかん重積といいます。これは重い後遺症を残したり、死に至る事もあるのでただちに発作を止めなくてはなりません。

診断は、病院hospitalにて問診や神経学的検査、発作時の動画などに加えて、脳疾患の除外として血液検査や尿検査等を行い、特発性てんかんと仮診断することもあれば、さらに脳疾患の除外+原因追及のためにMRIも行うこともあります。

特発性てんかんの治療は、抗てんかん薬によって発作の回数や発作の症状を軽くすることが大事になってきます。適切な抗てんかん薬や投与量には個体差があるため、それぞれに合う量や薬が決まるまで少し時間がかかる事があります。

症候性てんかんでは、抗てんかん薬に加えて、原因に対する治療が必要になります。

発作の症状は、それぞれ異なるので、おうちhouseでの観察が非常に重要になってきます。携帯等で動画を撮ってきたりするとよいと思います。

何か気になる事があれば、お声をお掛け下さい~happy01