節分

こんにちは、月曜日です!鈴木です!

最近よく飼い主の方から「先生コタツの調子はどう?」と聞かれます。

やっぱり9回も続いたこたつシリーズは皆様の印象に残っているようですね(笑)

こたつの調子はばっちりですhappy02

さて今日は2月3日、節分ですね!

皆さん今日の夜は豆まきされるのでしょうか?

僕は豆めきはする予定ですが、恵方巻きは食べる習慣が無かったので購入しませんでしたsweat02

節分はなんとなく豆をまいて福を呼び込む行事だと知ってはいますが、詳しくは知りません。

と言う事で大人気のこのコーナー、日本の行事シリーズ行ってみましょうflair

お願いしますGoogle先生sign01

『節分(せつぶん/せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことをも意味している。江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。大寒の最後の日であるため、寒さはこの日がピークである。』

ほうほうそれでどうして、鬼に豆なんでしょうか。

『季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、それを追い払うための悪霊払い行事が執り行われる。一般的には「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆(炒り大豆)を撒いて、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる厄除けを行う。また、邪気除けの柊鰯などを飾る。宇多天皇の時代に、鞍馬山の鬼が出て来て都を荒らすのを、祈祷をし鬼の穴を封じて、三石三升の炒り豆(大豆)で鬼の目を打ちつぶし、災厄を逃れたという故事伝説が始まりと言われる。豆は、「穀には生命力と魔除けの呪力が備わっている」という信仰、または語呂合わせで「魔目(豆・まめ)を鬼の目に投げつけて鬼を滅する「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いがある。豆を撒く際には掛け声をかける。掛け声は通常「鬼は外、福は内」である。しかし、地域や神社によってバリエーションがある。鬼を祭神または神の使いとしている神社、また方避けの寺社では「鬼は外」ではなく「鬼も内(鬼は内)」としている。新宗教の大本は鬼神を「民の金神(国常立尊)」と解釈しているので、同じく「鬼は内」とする。家庭内での豆まきに於いても、「鬼」の付く姓(「鬼塚」、「鬼頭」など)の家庭もしくは地名に鬼が付く地域では「鬼は内」の掛け声が多いという。大名九鬼家の領地でも、藩主に敬意を表して「鬼は内」としている。』

鬼と豆にはそんな関係があったんですねぇ。

姓に鬼が使われてる人はなんて掛け声で豆まきするんだろうと思ってましたがすっきりしました(笑)

ちなみに僕の地元では豆まきと言えば落花生だったんですが何か理由があるんですかね?

『北海道・東北・北陸・南九州の家庭では 落花生を撒く場合もあるが、これは「落花生は大豆より拾い易く地面に落ちても実が汚れない」という合理性から独自の豆撒きとなった。』

oh...さすが合理性を求める東北県民coldsweats02

さらに読み進めていくと衝撃の事実がっsign03

『節分の日付は現在は毎年2月3日であるが、これは1985年から2024年頃までに限ったことであり、常にそうではない。』

なんだってーーーーsign02

どうやら2025年あたりから2月2日の年も出てくるようです...

ちなみに2100年あたりから2月4日の年も出てくるようですね...

90年後には自分の誕生日に熱い豆まきバトルが繰り広げられようとは思いもしませんでしたcoldsweats01

そんな衝撃の事実を皆様にお伝えしたところで、今週はこの辺でpaper