猫の腎不全

こんにちは。松尾です。

今日はネコちゃんの腎不全についてお話ししようと思います。

ねこちゃんがなる病気で代表的なのが腎不全です。

どれだけかというと・・・

保険会社のアニコムさんが

猫ちゃんの治療費に一番保険を払っている病気が腎不全!

と言っているくらいです。↓

http://www.anicom-page.com/hakusho/journal/pdf/120827.pdf#search='%E7%8C%AB+%E8%85%8E%E4%B8%8D%E5%85%A8+%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%A0+%E7%B5%B1%E8%A8%88'

 

腎不全は若い時にはなりにくいのですが、

だんだん年とともにかかりやすくなります!

軽症であった場合は食餌療法から始まり、

内服で治療したり、最終的には点滴を実施します。

末期には「尿毒症」という状態になり、

やせてきて、食欲が低下したり、嘔吐したりします。

ヒトとことなり、人工透析という腎臓のかわりに血液を洗い流すことができません。

できないというのは語弊があるのですが、

猫ちゃんは透析は麻酔をかけたり人間みたいに週に3回の治療が負担が大きいので

中毒とかでないと透析は行われないことが多いのです。

 

また一部の猫ちゃんでは貧血を起こします!

なぜか?

腎臓で血液を作るエリスロポエチンという物質を造っているのですが

腎不全になるとそれが作れなくなるからなのです。

実はこの治療には今までヒトと同じお薬をつかっていたのですが

すぐ耐性が出来てしまって効果がなくなったり、

貧血が逆に起こったりすることがあったのです。

が、

もうすぐその副作用が改善されそうなんです!!!

http://news.mynavi.jp/news/2014/03/31/208/

 

そう、ねこちゃん用の薬が開発されそうなんです!

ねこちゃんで一番多いといってもおかしくない腎不全の中で

こういった薬が出来るのはとても嬉しい事です。

今後もどんどんこういった有用な薬が開発されることを願います!

(自分は研究は出来ないので、他人事ですが・・・。)