腸重積について

こんにちは、獣医師の横田ですhappy01

今回は腸重積についてお話しさせていただきます。

猫さんは草を食べて吐くことがあるため、吐いても放っておきがちです。

しかし、嘔吐や食欲不振を起こす重大な病気の1つとして腸重積があります。

腸重積は腸管の一部分がそれに連なっている腸管の中に入り込んでしまい、病状が進むと腸の通過障害をおこし、腸閉塞となる。

腸閉塞部位の腸に血行障害がおこると、腸が壊死してしまうことがあります。

どの年齢でも発症し、特に原因がなくても起きることが多いですが、寄生虫や腸炎などで2次的に腸の運動が活発になり、腸運動のアンバランスで腸が重なってしまう可能性もあります。

腸重積から腸閉塞を起こすことはありますが、腸閉塞を起こす原因は、これだけではなく、異物が腸のどこかでひっかかってしまたり、腸の腫瘍によって腸内容物が通過できなくなったりすることなどです。

症状は、嘔吐、食欲不振や少量の便を出した後、便がでなくなるなど・・・

完全に腸が閉塞してしまった時は、時間の経過とともに閉塞部付近の腸の拡張が進み、それに伴い体液が失われて脱水になる。

さらに、腸管内の毒性物質を吸収してしまう事により、状態がどんどん悪化してしまうため、早めの診断と治療が必要になります。

診断は、レントゲンやバリウム検査、超音波が必要になります。

何か、気になる事がありましたらお声をお掛け下さいね~happy01