脳炎、脊髄炎について

こんにちは。獣医師の横田ですhappy01

今回は、脳炎、脊髄炎についてお話しさせていただいます。

他の臓器と同様に、脳や脊髄に炎症は起こります。

感染症によっておこる場合や、免疫異常によっておこる場合などがあります。

感染症によっておこる場合は、ジステンパーウイルス、トキソプラズマ、クリプトコッカス、細菌感染などです。

免疫の異常によっておこる場合は、脳や脊髄、髄膜に炎症が起こると考えられています。

症状は様々ですが、発作や意識レベルの異常、てんかん発作、行動異常、歩様および姿勢の異常などが認められます。

診断には、MRI検査による炎症部位を確認したり、脳脊髄液を調べたりすることが必要です。炎症の原因が特定できたら、それらに対するお薬をのんでいくことになります。

どちらにしても、これらの検査には全身麻酔が必要になります。

今は、これらの装置が動物業界でも導入されてきているので、発見されることが多くなっ

きました。

発作が起きても、諦めずに少しでも何とかしてあげたいですよね。

何か、気になる事があればお声をお掛け下さいね~