バベシア症について (マダニ)

こんにちは、獣医師の横田ですhappy01

今回は、マダニに媒介される病気についてお話しさせて頂きます。

草むら、公園などにいるマダニですが、わんちゃんを吸血する際に、皮膚炎になったり貧血を起こしたりします。

それだけではなく、フィラリア症などと同じように、バベシアという原虫に感染したワンちゃんの血液を吸血することで、赤血球内の虫体も同時に吸引され、その後バベシアがマダニの体内で成長していく。

このバベシアを持つマダニが、他のワンちゃんを吸血する際に、刺し傷から唾液と共に虫体を注入し、感染を広げていきます。

バベシア(原虫)がワンちゃんの血液の中に入ると、何が起こるかというと・・・

血管の中に入ると、赤血球の中が好きなので、入り込みます。

ワンちゃんの赤血球の中で分裂増殖していきます。分裂した虫体はやがて赤血球を壊して別の赤血球に棲みつきます。この様に、バベシア自体が赤血球を壊していくことによっても貧血を起こすことがあります。

マダニによる貧血は、大量寄生の吸血による貧血と、マダニが媒介するバベシアによる赤血球破壊によっておこる貧血とがあるんですね~

要は、マダニがいなくなればこんな事は起きないはずsign01