前立腺の病気について

こんにちは、獣医師の横田ですhappy01

今日は、前立腺の病気についてお話させていただきます。

ワンちゃんの前立腺の病気は、良性の過形成、嚢胞形成、前立腺炎、前立腺膿瘍、前立腺腫瘍などがあります。

未去勢の雄犬は、年齢と共に前立腺の過形成を起こし、嚢胞形成を伴う事もあります。

良性の過形成や嚢胞形成の場合、無症状のことが多いですが、便のしぶりや血様の尿道分泌物がでることもあります。

これに細菌感染が起これば前立腺炎や前立腺膿瘍を起こすこともあります。

前立腺がんは、去勢をしている、していないに関わらず起こり得ます。

症状は、血様の尿道分泌物、しぶり、尿道閉塞を起こします

腫瘍が、腸骨下リンパ節を経て肺や椎体に転移したり、膀胱にまで大きくなって、尿道閉塞を起こしたり、結腸や直腸に浸潤することもあります。

前立腺がん以外のものは、去勢手術が有効です。また、感染があれば、抗生剤の投与が必要になります。

前立腺膿瘍の場合、手術が必要なこともあります。

前立腺がんの場合は、去勢手術はあまり効果が期待できなく、前立腺切除や抗ガン剤療法がおこなわれることもあります。

何か気になることがありましたら、お声をおかけ下さいね~happy01