獣医師になるためには その2

こんにちは!月曜日です!鈴木です!!

実は猫を飼い始めましたcat

先日1歳になりましたbirthday

カワイイです、飼い主バカです。

 

はい、そんな話は置いといて、今日は先週の続き、獣医師になるためにはその2です。

先週は大学入学までの話をしましたが、入学後は何が待ち構えているのか?

今日は獣医学生の生活についてお話したいと思います。

僕も他の大学を詳しく知っているワケではありませんが、どの大学も大体同じ傾向がありますので参考程度にお聞きください。

入試の壁を越えた後に待ち構える更なる壁は、進級の壁です。

この壁を越えられないがために全体の1~2割は留年します。

もうとにかく試験、試験、レポート、レポートの連続。

そして夏は炎天下で牛を追いまわし、冬は雪の中牛を追いまわし、牛にはうんちとおしっこを引っかけられ、ときには蹴られ、尻尾で叩かれる。

そんなつらく厳しい学生生活です(笑)

と、ココまでは学生生活の前半ですが後半はそれぞれが研究室に配属され研究に取り組んでいきます。

学生生活後半戦はまた次回。

今週はこの辺でpaper