レントゲン検査

 

こんにちは、根岸ですconfident

みなさんも1度は経験したことがあるだろうレントゲン検査thunder

当院でもレントゲンの装置は完備してあり、オーナー様のわんちゃんねこちゃんも

ご経験されたことがある子もいるかと思います。

知らない臭い、空気、景色、人の中だと不安と緊張のあまりブルブル震えてしまう

子や、攻撃のしてくる子ももちろんいます。声をかけながら、出来るだけ早く終わらせる

ように私達も努めております。

そんな動物のレントゲンですが、同じように話せない赤ちゃんのレントゲンはどのように

とるのでしょうか?

動いてしまうと、もちろんレントゲンの判断も難しくなってきますが、被爆量の関係で何度も

撮るわけにはいきません。赤ちゃんも状況は分からないので動物と同じ気持ちだと私は思います。

では実際どうとるのかというと・・・・・・・・・・・・・・

こんな画像を見つけました。。。。。。

AKA.jpg

 

a.jpg

一応、赤ちゃん専用のレントゲン装置だそう。。。。

お値段ですが、60万円で海外から購入可能だそうですよ(笑)

ネットでは可愛いと話題の反面、子供のお母さんからは怒りの声もあるんだそう。

赤ちゃんのレントゲン撮影は確かに撮るのが難しいので最小限の動きを止めるこの

装置はすごいと思いますが見た目はなんとも言えないですね。。。。

小さな子どものレントゲンを安全に撮るために、「絶対に動けないように」を意図として、1960年代に作

られた「Pigg O Stat」という装置だそう。

いつか動物のレントゲンも進化していくかもしれませんねhappy01