パスツレラ症について

こんにちは、獣医師の横田ですhappy01

今回は、パスツレラ症についてお話しさせていただきます。

これは、パスツレラ属の菌により起こります。

正常なわんちゃんの口腔内細菌として75パーセントがこれらの菌を保菌しています。

これは、母犬や同居犬などからグルーミングなどを通じて感染します。

多くは無症状ですが、まれに肺炎を起こすこともあるようです。

予防としては、爪を切って引っかかれないようにすること、しつけをしっかりして、咬まれないようにする

ことです。

治療は抗菌薬ですが、お薬をやめると再発することもあり、治療はなかなか難しいようです。

人では、咬まれたり、引っかかれたりしたところが、比較的短時間に痛みを伴って腫れるようです。

人がかまれた場合は、人間の病院に行って、適切な処置を受けられてくださいね。

何か、気になることがありましたら、お声をおかけくださいね~happy01