肛門腺について

こんにちは!看護師の程塚です。

 

今回は、皆さんが愛犬たちにお手入れの一環として行っている肛門腺についてお話したいと思います。

 

皆さん、肛門腺絞りは外から絞っっている方が多いかと思いますが。。。

アステール動物病院では、指を肛門から入れて中から絞るかたちで肛門腺絞りを行っております。

指を中に入れるのはかわいそうですが、直接指で肛門腺を触ることでどれくらい溜まっているかを確認できることと、

残さず最後まで絞り出すことができます。

 

★肛門腺を絞らずにいるとどういうことが起きてしまうのか。。。

 

 【肛門嚢炎】

   肛門腺の入り口が何らかの原因で閉塞したり、分泌物が嚢内に充満したところに細菌感染が生じて発症する。

   肛門部をなめこわしたりかんだり、地面や床にこすりつける動作をする。

   放置をし膿瘍がおこると発熱、食欲低下などの症状が起き、更に経過が進むとその部分の皮膚が破裂し穴が開き出血をする。

 

 【肛門周囲瘻孔】

   原因は明確ではないが、肛門周囲の換気が悪く、常に便などの汚物によって湿潤して非衛生環境にあると、

   その部位にある毛包や汗腺に細菌感染が起こり、皮膚炎がおこる。

   進行すると、皮膚に穴が開き異臭を放つ液体が出てくると、排便困難、便秘、地面にこすりつける症状。

   この症状が進行すると、発熱、便の失禁、しぶり、下痢、食欲不振、体重減少などの症状がでてくる。

 

 

 

これらの症状を起こさない為には定期的な肛門腺絞りが大切です。

その子によって肛門腺の溜まる量さまざまなですが、お尻周りを気にしたりしていなければ月に1回ぐらいのペースがおすすめです。


アバター
看護師:

程塚