胃内異物!!

こんにちは。看護師の程塚です。

 

今回は、どうぶつ病院でよくある胃内異物(誤食)についてお話したいと思います。

 

胃内異物は、食事ではない消化できないものを誤って食べてしまうことです。

誤飲してしまう異物はさまざまで、犬用の遊具、種(梅および果実など)、石、竹串、硬貨、タオルなどが多いです。

時に裁縫針、ホッチキスの針あるいは画びょうなどの危険な異物を食べてしまうこともあります。

場面としては、遊具で遊んでいて飲み込む、ゴミ箱をあさって食べる、散歩中や庭で拾い食いをする、口に異物をくわえている状況で奪い取ろうとした際に慌てて飲み込んでしまう

串つきの食べ物(焼き鳥、アイスクリーム、団子など)を手で持って与えたら、そのまま串ごと丸呑みしてしまうなどが多いです。

 

 

 

  ⇦串を手で持ってあげている。  串ごと食べられるケースが多いので注意!

 

 

  ⇦動物が異物をくわえているところに慌てて取り戻そうとする行為は危険!

 

年齢とわず異物を飲み込むことはありますが、

若齢の犬が一般的に多いです。

猫は犬よりも少ないですが、ひもで遊んでいて

そのまま食べてしまうことがあります。

 

症状としては、嘔吐や食欲不振などの胃腸器症状

が多いですが、全く症状を示さないこともあります。異物を食べたことに気づかず、食欲はあるがたまに吐くことがあるなどの慢性的な症状を示すこともあり、時間の経過で胃内異物が最終的に腸へ流れてしまい腸閉塞を引き起こしてしまうこともあります。

 

誤って異物を飲み込んでしまった場合は

異物の種類や大きさによりますが、

吐かせる処置(催吐処置)、内視鏡を用いて内視鏡下胃内異物除去あるいは外科的に胃切開を行って異物を除去します。

 

異物を胃から無事に除去出来たら予後は良好ですが

その子の性格によっては再度食べてしまうこともあるので注意が必要です⚠️⚠️⚠️

 

 

*̩̩̥ ・・・・・・おさらい( ˙-˙ )・・・・・・・・ *̩̩̥

*̩̩̥  ★ 動物が口の中に異物をくわえている時に、      *̩̩̥                                                            *̩̩̥     無理矢理取り除こうとすると慌てて                *̩̩̥

*̩̩̥     飲み込んでしまう事が多いので、動物の気を    *̩̩̥       

*̩̩̥     そらすような冷静な対応をしましょう。          *̩̩̥                                                       *̩̩̥ ★ 焼き鳥などの串のついたものを手で持って       *̩̩̥   *̩̩̥     そのまま与えてしまうと串ごと食べられる       *̩̩̥

*̩̩̥      事が多いのでやめましょう。                       *̩̩̥

*̩̩̥ ★ 飼育環境中に口に入るような異物がないか      *̩̩̥

*̩̩̥     どうか確認しましょう。                              *̩̩̥

*̩̩̥ ★ 異物を食べた時は、症状がないからと            *̩̩̥

*̩̩̥     放っておかずにまずは動物病院に相談を         *̩̩̥

*̩̩̥    してみましょう。                                        *̩̩̥

*̩̩̥                                                                    *̩̩̥

*̩̩̥・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ *̩̩̥

 


アバター
看護師:

程塚