嗜好性について

こんにちは、看護師の山田です☺️

 

明日はハロウィン👻🎃

皆様はお家で仮装をされますか?

ちなみに私がもし仮装をするとしたら千と千尋の神隠しのカオナシをやりたいです。

何か自分と似ていて他人とは思えない喋り方…

あっ…って言うだけのカオナシの真似を家でたまにやっています(笑)

 

タイトルにもあるとおり今回はわんちゃんねこちゃんの嗜好性についてお話したいと思います。

食事を美味しく感じること、またそれぞれの好みを嗜好性といいます。

嗜好性は嗅覚、触覚、味覚によって決められます。

わんちゃんねこちゃんにとって最も鋭い感覚は嗅覚なのでフードの匂いが受け入れられないと食べてくれません。

病院ではフードの食いつきがよくないときに電子レンジで少しフードを温めたりしていますが、

温めることで匂いが強くなり嗅覚が刺激されて食欲が増進する効果があります

その他に舌触り、歯ごたえなども嗜好に影響します。

適度な脂肪は食事に滑らかさを与え舌触りを良くします。

水分量の違いで食感も異なります。ドライフードでも適度に歯ごたえがあり、すぐ砕けるようなもろいフードを好む場合が多いそうです。

次に味覚についてですがわんちゃんねこちゃんで味覚も違います。

味覚についてはまた次のブログでお話したいと思います🙇🏻‍♀️

 

ハッピーハロウィン🎃


アバター
看護師:

山田