ビデオオトスコープ(耳道内視鏡)

こんにちわ 

獣医師の藤野です。

当院では、カールツストルツ社のビデオオトスコープ(耳道内視鏡)を導入しました。

 

ワンちゃんののもっとも多い耳の病気は外耳炎です。

なかなか治らない外耳炎や、繰り返す外耳炎で悩んでいるワンちゃんは多いと思います。


犬猫が外耳炎になりやすく繰り返される理由のひとつに、犬や猫の耳の穴(耳道)は途中で曲がっていて、耳道がまっすぐの人間に比べて複雑な構造をしていることがあげられます。このため、耳の奥や鼓膜までが見えにくく、検査や治療が困難でした。
ビデオオトスコープ検査では、従来の耳鏡では評価が困難だった耳の奥の耳道や鼓膜まで、見ることでき、検査やさまざまな治療を行うことができます。

 

カールツストルツ テレパック+

 

実際の症例

 

このように、従来の耳鏡では見えなかった細かいところまでくっきりです。

観察だけなら、無麻酔でも可能です。

 

ビデオオトスコープで見れば、治らない原因を見つけれるだけではなく、ビデオオトスコープで覗きながら異物や汚れを取り除くことで、治すことも可能です。

 

検査希望の方はご連絡ください。


アバター
獣医師:

藤野