災害時、わんちゃんねこちゃんを守る為に今できる事。

こんにちは。

看護師の小田です。

 

一昨日の夜は大きな地震がありましたね。

皆さん、大丈夫でしたか。

壁や窓にひびが入ったお家や、怪我をされた方もいらっしゃるので、心配です。

今日も和歌山県の方で地震がありました。

いつどこで起こるかわからない震災ですが、一週間は6度強程度の地震に注意を、と気象庁が呼びかけていますね。

特に2~3日後は規模の大きな地震がくる事が多くあるそうです。

避けられない事だと分かってはいても、どうかこないでほしいと願ってしまいます。

 

いつ起こる分からない災害...

大好きな家族やわんちゃんねこちゃん、動物たち、綺麗な景色や、人との関わりに感謝しながら、一日一日を大切に過ごしていきたいです。

 

震災時、人はもちろんですが、一緒に暮らしているわんちゃんねこちゃん、動物たちの事も考えなくてはいけませんよね。

皆さんは、いつ起こるか分からない災害時に備えて何かご準備されている事はありますか?

色々準備をしていても、いざ大地震など災害が起きたらきっと慌ててしまうと思うのです。

しかし何もしないよりはやはり避難リュックの中身を揃えておく、日頃から意識して備えておく、というのはとても大切な事だと思います。

 

今はネットで様々な情報を得ることができますが、わたしは徳田竜之介先生監修の「どんな災害でもネコといっしょ」という本を参考にして、避難リュックの中身を揃えました。

「ネコ」とありますが、わんちゃんや他の動物たちにも共通するものが多くあるので、同じように参考になると思います。

 

ラジオや懐中電灯、非常食、水など...その他必要と言われている備蓄品に加えて、わんちゃんねこちゃんと暮らしている方はドックフード、キャットフード、ペットシーツ、継続的な投与が必要な薬も、災害時に備えておくべき大切な物になりますね。

 

フードは、一週間分ほど備えがあると良いそうです。

災害が起きた時、物資がすぐ手元に届くとは限りませんので、可能な限りひとまず安心できる量を備えておく必要があります。

 

また、様々な方面で活躍するラップやガムテープ、油性マジック、ウェットティッシュなども災害時の便利なアイテムとして知られていますよね。

 

あれば便利な物はたくさんありますが、できる限り身軽に行動できる事が大切なので、本当に必要なものだけをパッと持っていける量を考えて準備しておくと良いかもしれませんね。

 

ラップはお皿代わりにもなりますし、包んで保管もできます。

細くすればヒモにもなりますし、怪我をした時も一時でも布を当ててラップで巻いておけば、応急処置にも使用できます。

助け合う事が必要な時。

使用できる量も結構あると思うので、近くで困っている人にも何かしらの形で役に立つアイテムだと思います。

 

また、避難時にはわんちゃんねこちゃんはキャリーケースに入ってもらう事になります。

いざという時にキャリーケースに入ってもらいやすいように、少しでも落ち着く場所として過ごしてもらえるように。

日頃からキャリーケースに慣らしておく事がとても大切ですね。

キャリーケースはお部屋に常に置いておき、お布団を入れて普段はハウスにするのがオススメです。

 

我が家のねこちゃん達はキャリーケース、ペットリュックの中は安心できる場所の一つのようで、よく中に入って眠っています。

 

 

時々、おやつやカリカリを中に一粒置いてみたりして、キャリーケースがねこちゃんたちにとって好きな場所、落ち着く場所になってもらえるように心がけています。

ねこちゃんの場合は、洗濯ネットも一つリュックに入れておくと良いと思います。

 

そして、離れ離れになってしまった時に繋いでくれるマイクロチップの装着も、大切な備えの一つですね。

一緒に暮らしているわんちゃんねこちゃんには、必ず装着してあげましょうね。

 

いざという時の為に備えておきたい物、準備しておきたい事。

ここには書ききれない程まだまだたくさんあります。

 

大切な命と生活を守る為の必要最低限の物を備え、何か起きた時は少しでも冷静に落ち着いて行動できるように、日頃から少しずつ準備しておく事が大切なのかなと思います。

 

災害時にあると便利な物や大切な事など、新たな情報を得ましたら、また皆さんにも伝えさせていただけたらと思います。

皆さんも、わんちゃんねこちゃんたちを守る為の素敵な情報を何かご存知でしたら、是非教えてくださいね。

よろしくお願いいたします。

 

最後に、幸せのご報告です。

保護猫シャルちゃんですが、トライアルを経て無事正式譲渡となりました。

シャルちゃんを気にかけてくださった方。

家族に迎えようと考えてくださった方。

優しいお気持ちを、ありがとうございました。

シャルちゃんの幸せを、この先もずっとずっと願っています。

一匹でも多くの行き場を失ったわんちゃんねこちゃんたち、外で暮らしているねこちゃんたちが優しい方と出会い、そしてあたたかいお家の中で幸せに暮らす事ができますように。


アバター
看護師:

小田