腹腔鏡について

こんにちは、アステール動物病院の松尾です。

ご無沙汰してしまいましたが、本日は腹腔鏡の話です。

 

実はすでに腹腔鏡が導入されました。

腹腔鏡といっても、耳のなかをしっかり見るオトスコープ(耳鏡)や

鼻のなかを見る鼻鏡、膀胱を見る膀胱鏡など

さまざまなカメラで観察したり、場合によっては検査のために一部採材する鉗子と呼ばれる道具を利用することができます。

実際、一部でそういった検査、診断に使っていますが

メインの腹腔鏡の利用はこれから積極的に行っていこうと思います。

 

現在腹腔鏡手術の実績のある病院で研修を受けており、

近々避妊手術やお腹の中に精巣が残ってしまった状態、潜在精巣の手術で活用していこうと思います。

また今まで開腹して調べていたお腹の中の臓器も、

腹腔鏡を使用することによって、ダメージが少なく、またもちろん傷口自体も小さく、低侵襲で行うことができます。

 

こつこつとまたこちらで方向させてもらおうと思います。

ご興味あるかたはお問い合わせください。

 

 


アバター
院長:

松尾

獣医師