膿皮症

こんにちは 獣医師の藤野です

最近暑くなってきましたね。

暑い季節に多くなる病気の一つに皮膚病である「膿皮症」というものがあります。

膿皮症の症状は、背中やお腹に、皮膚に赤いブツブツができたり、ニキビみたいな膿のポツポツができたり、丸く広がるフケが特徴的です。

痒みがでることも多く、背中を掻いたりお腹を舐めたりしていることも多いです。

 

皮膚の表面には様々な細菌が住んでいて、これらの菌を常在菌とよびます。このなかでも「ブドウ球菌」という細菌が膿皮症の原因になりやすく、このブドウ球菌が皮膚に入りこみ症状を出します。

細菌感染なので、梅雨などの暑い時期に多いのもなんとなく想像できますね

毎年夏に膿皮症に悩むワンちゃんも多いのではないでしょうか?

 

しかし!!

常在菌は本来、皮膚に当たり前にいるものです。これが悪さするならば、みんな膿皮症になっているはずです。

膿皮症にならない理由は、皮膚のバリア機能がしっかり働いているからです。

つまり、皮膚のバリア機能が低下している子は膿皮症になりやすいのです。

皮膚のバリア機能が低下する理由は様々です。

例えば

・皮膚免疫力の低下(病気やホルモンなど)

・皮膚が脂っぽく細菌が繁殖しやすい

・フレブルやパグなど、毛が短くて硬い犬種は皮膚への刺激が多い

・痒くて掻いている

 

などです。

特に、アレルギー性皮膚炎がある子は膿皮症になりやすく、治療してもぶり返すことが多いです。

 

膿皮症の治療は大きく分けて二つです

・抗生剤を飲む(注射する)

・シャンプーや消毒

 

よく、「抗生剤を飲むと良くなるけど、やめたら再発するし、だんだん効かなくなってきているような・・・」という子で出会います。

確かに抗生剤は必要なことも多いのですが、先ほど書いた皮膚バリア機能が低下するような基礎疾患を治療しないと再発しやすいです。

また、抗生剤を繰り返し使用することにより、耐性菌(薬が効かなくなってくる細菌)が出現します。

 

なので、大変なのは十分承知していますが、シャンプーや消毒などの治療をまずやってみるのが良いと思っています。

よく膿皮症の治療をする際、飼い主の方に「僕が治すのじゃなくて、ご家族に治していただく病気です」とお話させていただきますが、まさにその通りだと思っています。

もちろん、診断や助言やご相談は任せていただき、一緒に膿皮症を治していきましょう!


アバター
獣医師:

藤野