アステール動物病院の診察について

皆様こんにちは。

川口市のアステール動物病院 院長の松尾です。

さて、本日は最近のアステール動物病院の診療についてご報告いたします。

 

 

循環器科の専門診療について

・疲れやすい、咳、失神などの症状がある

・心雑音があると言われた

など循環器に問題があると思われる場合、レントゲン検査・エコー検査などの画像検査、心電図や血圧測定などを行なって診断していきます。

現在循環器を専門的に診察している獣医の先生を招聘し、当院で月2回定期的に診察を行なっています。

心臓以外にも上記の症状を出すこともありますから、

まずは当院の獣医師による問診・診察をさせていただいた方がよろしいかと思います。

気になる方は当院にご相談ください。

 

 

麻酔科について

現在月1回程度、麻酔診療を専門的に行なっている獣医師を招聘し、当院のスタッフへの指導及び手術への参加をしていただいております。

麻酔をかけて手術を行う、ということ以外にも

・簡単な処置でも動物を不安にさせないということ

・痛みをなくすこと

を目標に様々な麻酔薬、疼痛緩和法を駆使して実践しております。

我々アステール動物病院スタッフも今まで以上に最新の知識をご指導いただき

動物たちの痛み、苦しみ、負担を取り除くよう麻酔分野でレベルアップを励んでいます。

普段の手術にも応用されていますが、また詳しいお話は別で公表していきたいと思います。

また、別の病院で麻酔が難しいと言われた場合もご相談に応じれるかもしれませんので

気軽にお問い合わせください。

 

 

他にも以前から

・臨床病理科

・画像診断科

・消化器科

・腫瘍科

などの各分野の専門の先生からレクチャーなどを通してご指導いただいて、日々診療に生かしております。

各獣医師でも得意分野が異なりますので

ご要望いただきましたら、当院の中でもご案内させていただきたいと思いますし、獣医師内で院内紹介させていただくことがあるかと思います。

 

※分野によって、海外では獣医専門医、または日本でも最近いくつかの科で認定医が存在していますが

人の医療で標榜されているような、「皮膚科専門医」「循環器科専門医」などの「専門医」は認められていません。

そのため、法律的には「専門医」と名乗ることは違法になるため、「専門的にみている先生」「専門の先生」という表現を当院では使うことがありますが、ワクチンなどの一般診療を行わず、日々その科目のみ診察・診断を行なっている先生のことをそう呼んでいます。

 


アバター
院長:

松尾

獣医師