犬の子宮蓄膿症

こんにちは 獣医師の藤野です。

今日は犬の子宮蓄膿症(パイオメトラ)についてお話します。

子宮蓄膿症は、避妊手術をしていない中高齢の雌がかかる病気です。

子宮に細菌感染がおこり、子宮に膿が貯まることにより、症状としては「多飲多尿」「外陰部からの排膿」「食欲不振」「嘔吐」「元気消失」などが多いです。

外陰部から膿が排出される「開放型」と、膿が排泄されない「閉鎖型」に分けられますが、閉鎖型のほうが短期間に状態が悪くなることが多いといわれています。

診断は、血液検査で炎症の数値を測定したり、レントゲンや超音波検査で子宮の腫大を確認します。

 

治療は、外科手術が最も有効です。

抗生剤やホルモン製剤が有効のこともありますが、再発しやすいです。

子宮蓄膿症が起こるのは、発情の後(1カ月~2ヵ月)なので、発情出血が認められた1~2カ月後に多飲多尿や食欲の低下などがあれば、子宮蓄膿症の可能性があるかもしれません。

 

いずれにしろ、早期での避妊手術を行っていれば予防できる病気ですので、交配の予定などがなければ、1歳未満での避妊手術をおすすめします。


アバター
獣医師:

藤野