キッドはきっと幸せ🌈

こんにちは、看護師の山田です🏵️

今回のブログでは私の祖父母の家で飼っていたわんちゃんのお話をさせて頂きます🐶

名前は「キッド」です!

少し丸いビーグルの男の子です👨

私が5歳ぐらいのときからいた子でとっても食いしん坊でした😋

お正月に親戚が集まり食事をしていると必ず私が座っている席の机の下でお座りしていました🪑

何故かというと私がこぼしたご飯を食べるためです(笑)こいつはこぼすから下で待っていれば食べられると思っていたんでしょう。賢い子です💕

そんなキッドは先日9月1日にお空に行ってしまいました。今月16日で18歳になる予定でした。

本当に寂しくて仕方ないのですが、たくさん食べて皆に可愛がられて幸せだっただろうなと思える犬生でした🐾

私は祖父母から時々キッドの生活のことで相談を受けていました。

シニアになるにつれ色々と生活の工夫や介助などが必要になっていきますし、悩まれる飼い主さんも多くいるかと思います🙍

生活の中でできる工夫などについてこのブログで少しお話したいと思います!

シニアになると後ろ足のふんばりがきかなくなり、フローリングの床を歩くのが大変になるのでフローリングにタイルカーペットを敷いてあげると関節や腰への負担が減ります。

排泄を我慢できずお漏らししてしまう場合もあるので、寝場所の側にトイレを置いてすぐ排泄ができるようにしてあげるのも良いです。他にもリビングなどそれぞれのわんちゃんにあった生活スペースに置いてあげるのが良いと思います。

また、シニアになると寝ている時間が多くなりますが日中は起こしてあげましょう。適度な刺激は必要です!夜に熟睡してもらうためにも日中はなるべくわんちゃんに関わってあげてください☀

散歩が負担になりそうだからと控えてしまいがちですが、適度な散歩は身体にいい刺激を与えてくれます。

暑い日や悪天候の日には無理せず、わんちゃんの様子を見ながら楽しく散歩をしましょう🎶

歩くのが辛そうなわんちゃんの場合犬用のカートに乗せて一緒に歩くのも良いですね!

キッドはお散歩大好きで後ろ足が麻痺してからもカートでお散歩に行っていたそうです😊


アバター
看護師:

山田